2016年9月23日金曜日

「彩の国 埼玉バイクフェスタ 第5回」 〈2〉

先日行われました「彩の国 埼玉バイクフェスタ 第5回」にバイクショップハラグチのブースを出展してきました!

前回のブログで紹介した通り、主にマン島で行われたマンクスGPの写真やスポンサーの物を展示したので、面白いものとなりましたが、あいにくの雨でお客さんはまばらでしたね…。


現在、僕が制作途中のカスタムバイクも展示させて頂きました。GB250は完成をして乗れるようにはなっていましたが、SR400はまだまだですね。その他NSR250とCRM250の2ストを展示したので、好きな方はよく見てくれていました!





マン島のレースでのトロフィーや雑誌の他、車載カメラの動画を流しました!



レース写真やマン島全体の写真も飾りました!








観覧客のなかにはマン島のレースに興味を持ってくれてる人もいたので、こういうところからこの企画の認知度が広がってくれればいいですね!

2016年9月18日日曜日

「彩の国 埼玉バイクフェスタ 第5回」

今週の木曜日、祝日の22日に関東工業自動車大学校で「彩の国 埼玉バイクフェスタ 第5回」が行われます。このバイクフェスタに「バイクショップハラグチ」も出展します!


お店に置いてある車両も展示しますが、先月行われた、「マンクスGP」の結果報告としまして、レースの写真、動画なども展示する予定ですのでぜひお越しください!

このイベントの詳しい事は下記にて

2016年9月10日土曜日

マン島レース『Manx GP』 今年も行って来ました!


8月20日から9月2日まで2週間マン島で開催されているManx GP(マンクスGP)へ通訳兼メカニックとして参戦してきました!

マン島でのレースというと、5月末から6月初めに開催されているTT(ツーリストトロフィー)が有名ですが、今回参戦しているマンクスGPはそのTTに出場するための登竜門なのです。このレースで実力が認められるとTTへの道が開けます。

実はこの企画2年前の冬ごろから始まっておりまして、去年は見事にNew Comer クラスで2位表彰台、Light Weightクラスでは9位に入りました! 

詳しくはこのサイトで!http://mcrg-1000.wixsite.com/yamanakamasayuki 
ライダーの山中正行選手は、鈴鹿8耐にも22年間も出場している方で実力は折り紙付きです。 現在、スポンサーになってくれる企業や人々を募集中で詳しく知りたい方はうちへ連絡していただくか、直接そちらのHPで宜しくお願いします。来年はTTへ出場するために、もうすでに動き出しています!





公道を使うレースなので、もちろん車検の規定も厳しく、走行前に不備がないか最終点検をしています。
実は練習、予選走行前の雨により、パドックに設営した作業場が雨による泥でぐちゃぐちゃになり、外での整備をせざえるをえない状況になりました。














車検は走行毎に行われ、このように1台1台入念にチェックされます。
この車検後に広場にバイクを待機させてレースを待ちます。










ここがレース前にバイクを待機させておく場所で、レースまで2時間程ありますので、タイヤウォーマーなど着けてレースまで待ちます。



レースでは、スタートラインから1台ずつ10秒ごとにスタートします。
以下はマウンテンコースと呼ばれるコースを走る山中選手の写真です。


このマウンテンコースはTTのレースでも使われるコースと全く同じで、60.725kmあり、今回出場したジュニアクラス、シニアクラスで使用したCBR600ccでは一周20分切るか切らないかのタイムで走ります。レースでは4週走りますので、給油も必要になります。

レースの結果は
  • ジュニアクラス 26位(76台中) 4Lap 01:22:17.445 110.039 mi/h(平均マイル)
  • シニアクラス  26位(71台中) 4Lap 01:20:59.811 111.797 mi/h(平均マイル)
レース結果だけを見れば上位に入れませんでしたが、練習走行からサスペンションやFIのセッティングをいろいろ変えて、まだまだ改善の余地がある中で我々がベストを尽くせた結果でもあります。

山中選手は最後の最後までいい走りをしてくれて、最後のレースのシニアクラスの最終ラップにベストラップタイム゛19:47.605゙゙の目標であった20分を切り、ラップスピードは自身最速の114.371mi/hを記録しました!



表彰式の写真です。上位に対してのみの表彰だけでなく、無事に完走をした選手に対しても表彰があります。今回はジュニアクラス、シニアクラス両方共に完走をしたので、2つのトロフィーをもらいました。下に置いてあるプレートは順位とラップタイム、平均速度が書き込まれています!

この下にある動画は自分でコース横にいて撮った動画です。実際に見るともっと迫力があります!市街地の公道を200キロ以上のスピードで駆け抜けています…。
サーキットとは全く違い、路面も荒れ放題で、雨が降った直後の場合などは、湿っている場所や木下の落ち葉など滑りやすい場所も多々あります。
コースコンディションもサーキットとは全く違うため、サスペンションのセッティングが最も重要となります。サーキットの常識がここでは通用しません!






最後に今回、現地でメンバーとして一緒に参戦したみんなの集合写真です!

次回では、番外編として、マン島へ来ていた観光客のバイクをたくさん紹介します!日本ではめったにお見かけできないバイクや、レア中のレアバイクがゴロゴロあります。そして、全車両かなり綺麗です! ではお楽しみに!

マン島での話を直接聞きたい方はいつでもお待ちしています!